ホ-ム 広 西 桂林都市 陽 朔 桂林周辺 資源.莨山丹霞 恭 城 賀 州 三江.黎平.通道 広西周辺 料金案内 連 絡 英 語 中国語 フランス語

桂林紅葉旅行-ビス下記サービスを提供します

1.ホテル、最低価格は80元/日です。

2.ガイド、英語、日本語のガイド、桂林都市250元/日、郊外250元/日 。            

3.車のチャータ7席のマイクロ、桂林都市450元/日、郊外550元/日(120キロ内に) 。

4.空港に飛行機を送迎する、200元/回(交通費を含み)

説明 遊覧コースは観光者が桂林と陽朔景観区を自分で組み合わせて、ガイドに教えて、お客様の意見を通り、案内しましょ。特別に買い物のプロジェクトがありません。

特别推薦 竹の筏で漓江下り 
漓江の主な風景は楊堤から興坪まで集める。漓江下りの方法は三っある。方法一.船で漓江下り車で泊りのホテルから竹江埠頭までお送る。約4時間半の漓江下りをお楽しみ、午後陽朔に到着する(料金は460元/人である)方法二.徒歩 楊堤から徒歩で興坪に向かぅ。漓江沿いの美しい風景を眺めながらのハイキングである。方法三.竹の筏で漓江下り 楊堤から竹の筏で興坪に向かぅ。(料金は120元/人である)(ここに点け、详しぃ内容を知る)
桂林旅行観光案内

桂林は著名な風景観光都市である。典型的なカルスト地貌なため、景色は奇特で山水風格は別に一格をもっている。あたりは山青く水澄み、鍾乳岩洞が特異で美しい。「桂林の山水天下に甲たり」は桂林景色に最もふさわしい賛辞である。市内は秀峰、象山、七星、畳彩、雁山の 5区に分かれ、下は霊川、興安、全州、臨桂、陽朔、平楽、茘浦、龍勝、永福、恭城、資源、灌陽の12県から成る。行政区域の総面積は27809平方キロメートル。総人口はおよそ476万人。チワン族ヤオ族回族ミャオ族トン族などの少数民族が住み、その数は約68万人に上る。

桂林景観区 陽朔景観区 漓江景観区
恭城景観区 龍勝景観区 茘浦景観区
賀州景観区 三江景観区 資源景観区
興安景観区 霊川景観区 灌陽景観区
 
世界自然遺産丹霞地形景観区八角寨

八角寨は資源県の東北部、湖南省新寧県と桂林資源県の境を接しているところに位置し、主峰の海抜が814mであり、湧き出る雲の中で山の峰々が浮かべそうで雲台山とも言い、峰はあわせて八つで八角形になっているせいで、たくさんの山の中から八つの角が突き出して、飛んでいる竜のように見えるの様子が、八角寨と名づけられた。険、峻、雄、奇、秀、幽などの特徴を集まり、自然と結び付け、神様が作り出したような景色である、八角寨の地形的な特徴は、丹霞(たんか)地形であること、特色も素晴らしくて、「単霞の魂」と地質の専門家に評判されている

 
広西·桂林古鎮(古民居)

長いの歴史を持つ桂林古城は美しい風景だけではなく、人文旧跡などもたくさん残ってある。その歴史の舞台に登場するのは紀元前の秦時代にも遡るという。紀元前214年、秦の始皇帝が広東・広西地方を統一し、この地方に霊渠という運河を開掘し、湘江と漓江の二つ流れを繋がせた。その時から、桂林は「南連海域、北達中原」と呼ばれる軍事上の重鎮として栄えていた。更に、宋時代(960–1279)には広西地方の政治及び文化の中心地となり、繁栄のにぎわいを見せていた。古今を通じて、多くの文人墨客が桂林を観光し、たくさんの珍しい文化財や古跡を残し、桂林周辺地区に古鎮 (古民居)が沢山完備な保存する

 
昔から、中国中原地区の貨物は広西に輸送するの道が主な二つで、これは中原地区の貨物は広西を経、広東(広州)への道です。一つは湘桂古道で、もう一つは潇賀古道で、今、多くの古跡(古鎮、古村)は古商道に殘っています。湘桂古道の古鎮や古村は崔家、太平堡、長崗嶺熊村大墟古鎮、潇賀古道の古鎮や古村は上甘棠 秀水 回瀾、青竜風雨橋 福渓 鳳渓 富川古城です。
 

君はガイド の本から桂林の大墟古鎮を大体知りました。しかし、大墟シルクロード桂林湘桂古商道)の中間地で、この情報が分かるか。そのほかに海陸シルクロード潇贺古商道)が分かるか。知りたい、ここにクリックししい内容を知る

 
桂林観光地図  
 
桂林の旅行日程を推薦する  

ァドレス  中国桂林市清風路西一里14棟1--6--2

電話13557331393   E-mail cgltour@163.com   連絡 呉洪涛(ごこうとう)